「アンチエイジング・バトル最終決着」(坪井一男著)では、

サプリメントの有効性についても紹介されています。

とくに食事による摂取において栄養素が「十分足りている人」にとっては

サプリメントを摂る効果はないが、そんなバランスの良い食事を日々続けることは

不可能に近いので、やはり不足しがちな栄養素を補う意味は大きいよう。




 

とくにアンチエイジングを目指している場合は、

食べ過ぎない、カロリーを摂り過ぎない食事を理想としていますので、

サプリメントでフォローしなければ理想的な栄養素を全部摂ることは、

ほぼ不可能!と書かれています。

 

さまざまな栄養素の中でも、いかに老化を防ぐか、という観点からは、

アンチエイジングの基本である「抗酸化」と「カロリー抑制」を主眼に置くのが良い、

とのことです。

 

<抗酸化力を高める栄養素>

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛、ルテイン、アスタキサンチン、アントシアニン など。

 

<カロリー抑制のための栄養素>

レスベラトール、カルニチン など。

 

そのほかに、個人のライフスタイルや生活習慣に合わせたサプリメントを摂るのが

良いとのこと。例えば、女性にはプロテインや鉄分、男性や喫煙者には抗酸化サプリ、

しみそばかすが気になる人にはビタミンC、など。

 

私は日頃から野菜不足が気になっていますので、野菜ジュースを飲んだり、

ビタミン系のサプリを摂るようにしています。

サプリメントについては、いろんなメーカーの商品がありますので、

品質が良くて自分の体質に合うものを選びたいですね。

 

anti0524