「アンチエイジング・バトル最終決着」(坪井一男著)は、

賛否両論のあるアンチエイジングにまつわる話題30取り上げて解説した、

ユニークな本です。アンチエイジングにまつわる身近な疑問が、

日本抗加齢医学会理事長である坪井先生の解説によって

根拠をもってわかりやすく理解できます。




紫外線については、以下のように紹介されていました。

1.皮膚の老化は9割が紫外線による光老化。

⇒隠れている部分と露出している部分の肌を較べると一目瞭然でしょう?

2.紫外線は皮膚だけでなく目にも影響がある

⇒目にもシミ・しわができる。眼病のリスクを高める。

3.紫外線にもビタミンDの合成を助けたり皮膚の免疫力を高めるメリットがある

⇒ただし1日15分も日光を浴びれば十分。

結論としては、1日15分ほど日光を浴びるのはメリットがあるが、それで十分。

それ以上になると皮膚の老化、目の老化などのデメリットが大きい、

とのお話でした。

なるほど、やっぱり女性が紫外線対策に注意を払っているのは、当然なのですね。

この本でも、外出時の紫外線対策を推奨されていました。

●サンスクリーン剤(UVカット)

●長袖

●日傘

●帽子

●サングラス

女性ばかりでなく、男性も少しは見習うべきでしょうね。

まさに、明日からできるアンチエイジング対策です。

anti0523