三石巌先生の高タンパク・メガビタミン・スカベンジャー(活性酸素除去)理論が、素晴らしい。

mitsuishi 栄養学

三石巌先生が提唱されている分子栄養学が、素晴らしい。

ビタミンCの大量摂取について調べていた時、たまたま、三石巌先生の著書に出会いました。

三石 巌(みついし いわお、男性、1901年 – 1997年)は、日本の物理学者。東京都出身。

略歴 1927年東京大学理学部物理学科、同工学部大学院卒。日本大学、慶応義塾大学、武蔵大学、津田塾大学、清泉女子大学の教授を歴任。
理科全般にわたる教科書や子供の科学読み物から専門書にいたる著作は300冊余。今なお読みつがれている。
分子栄養学を提唱、健康自主管理運動の拠点として株式会社メグビーと三石理論研究所を設立。
講演・執筆活動による啓発につとめ、生涯現役を全うした。※wikiより引用。享年95歳

 

mitsuishisensei

大事なポイントは「分子栄養学」という所です。日本を代表する物理学の専門家が、

分子レベルで、人間の身体に必要な栄養を考えて自ら実践された理論です。

高タンパク・メガビタミン・スカベンジャー(活性酸素除去)が三種の神器として

重視されています。

早速、著書を読みましたが、「素晴らしい」 の一言です。

ガンや病気にならない食生活を実践したい、と思っている方は、

ぜひ一読をお勧めします。

私もこれまでビタミンやサプリメントの摂取を心掛けてきたつもりでしたが、

肝心の「タンパク質」の摂取が全く足りていなかったことに、はじめて気が付きました。

三石巌先生が提唱されている、

高タンパク・メガビタミン・スカベンジャー(活性酸素除去)

食生活を真似しはじめたら、

なんと・・・驚きの結果に!!

次回のブログでは、私の体に起こった変化について書いてみたいと思います。




◆三石巌先生の著書




コメント

タイトルとURLをコピーしました